ケミカルピーリングとは?

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは、アルファヒドロキシ酸(AHA)などを使用して、肌の表面を溶解させ、ニキビ跡や古い角質を取り払う美容施術のことを指します。

ストレスや紫外線、年齢など、肌はとてもデリケートで影響を受けやすい部分です。
年齢やストレスなども肌の新陳代謝を遅らせる原因になります。
ピーリングによって、不要な角質を取り除くことができれば、肌の新陳代謝を促し、肌本来が持っている再生能力を高めることができます。
それによって、美しい肌を取り戻すことができます。
ケミカルピーリングで素肌美人へ

毎日使える ピーリング角質柔軟美容液

 

肌に負担の少ない酸を使って、美しい肌を取り戻す

ピーリング石鹸を使ったケミカルピーリングは、美容外科でのピーリングと違って、肌に負担の少ない酸を使用しています。
ピーリング石鹸は、フルーツ酸と呼ばれるフルーツによく含まれるAHA(α-ヒドロキシ酸)を使用していることが多いです。

この酸は表皮のみ、0.2mm程までにしか到達しないので、お肌を傷める危険性がとても少ないんですね。
効果も緩やかなので、何度か繰り返して使用していくうちに、美肌効果を実感できますよ。

美容外科では、一度の施術で効果を発揮させるために、20~30%の高濃度の強い酸を利用したりもします。
家庭で使えるピーリング石鹸にはそういったものはなく、安全に利用できます。

エステでは、美容外科のような強い酸を使用したピーリングは、トラブルがあった時にカバーできないので、施術できないことになっています。

一度で目に見える効果を求めるなら、美容外科での施術を検討してみるのもいいかもしれませんね。

ピーリング石鹸って、今では普通に薬局とかにも売ってるよね。

私が使い始めたときって、まだほとんど売られてなくて、ネットで購入してたくらい。
ピーリング自体あまり主流じゃなかったのかな。
エステでピーリングというはあったけど、やっぱり高額だし、作用も強いからイマイチやってみようって気にはならなかったんですよね~。

今はいいよね!簡単にピーリング製品が手に入るんだもん。
っていくつなの?発言ですが、まだ20代ですよ!
もしかすると、私が知らないだけで普通にピーリング製品売ってたのかな?
ま、それはいいとして、今になってピーリング石鹸についていろいろ調べてみたら、ピーリング成分にもいろんな種類があるんだね!

人気のピーリング石鹸

ピーリング石鹸に含まれるピーリング剤って、グリコール酸やフルーツ酸って呼ばれている「AHA」と、サリチル酸とかの「BHA」とか、いろいろあるみたいです。例)グリコール酸配合ピーリング美容液
これってピーリング石鹸とかの表記でもよく目にするし、知ってる人も多いよね。

でも、これ以外にもまだあるんですよ~。
それが「乳酸」ってやつ!
ピーリング剤の中でも乳酸が一番マイルドで安全だって言われてるらしいんですよ。
えー!?乳酸使うの?って思いますよね。
確かに酸って漢字が入るくらいだから、ピーリング作用があるってことですよ。

肌が弱くてピーリング石鹸を使えない!って人は、乳酸を使ったピーリング石鹸を探してみるといいかも。

そもそもピーリングは、弱い酸のチカラで肌の上の古くなってしまった角質をキレイに取り除いて、ターンオーバーを促すっていうものです。
ニキビとかで固くなってしまった表面の角質を取り除いて、肌のターンオーバーを正常に戻すことで、徐々にニキビとかの肌荒れ改善につながるって訳。

肌あれにもいろんな種類があるけど、ニキビやシミ、毛穴のケアで自宅にいながら無理なく続けられる方法として、ピーリング石鹸はナンバーワンじゃないかな?
ニキビの原因って、広がってしまった毛穴に脂や汚れが詰まって、それが原因で炎症を起こすんだから、その原因を取り除けばいいってことだもんね。

シミも同じこと!
ターンオーバーを促して、新しい肌にどんどん生まれ変われば、徐々にシミも薄くなるってことですよ。
ちょっと、これって根本的な解決につながるアンチエイジングじゃ?!

最近また、サンソリットのピールバーを使い始めたんだけど、本格的にケアし始めようかな。
最近目の下の頬の高い部分にシミがね…。
10代のケアを怠ったせいかも!

今ならまだ遅くないでしょー!
早速ピーリング石鹸ちゃんと使おっと。
10年後の肌は今のケアに左右されるってね。よく言うでしょ。

検索

ピーリング商品徹底比較