豆乳クリームを使ったレシピ紹介

豆乳

豆乳クリームパスタ

豆乳クリームパスタ豆乳クリームを混ぜ合わせてヘルシーな料理を考えたいのなら、パスタがおすすめです。
カルボナーラなどのカロリーの多いパスタよりも大幅にカロリーを減少させることができます。
作り方としてはお好みの具材を選び、豆乳クリームを混ぜていく方法です。
相性としては卵やベーコン、ほうれん草などがパスタとの絡みも良く、良い食感を生み出します。

作り方としては、

①まず沸騰したお湯に軽く塩を入れて、お好みで7分ほどパスタを茹でていきます。

②その間に具材を薄くスライスしていき、フライパンに油を軽くして食材を炒めていきます。

③茹で上がったパスタを取り出し、お湯をしっかりと切ってフライパンの中にパスタを戻します。

④具材とパスタが絡み合うように炒めながら最後に豆乳クリームも加えて軽く炒めます。

⑤お皿に盛って完成です!最後に半熟卵を上に乗せても良いですね。





豆乳クリームグラタン

豆乳クリームグラタン豆乳クリームを使用しやすい料理としてグラタンも良いでしょう。
グラタンに使用する事でヘルシーに仕上がって、食材の味を引き立たせてくれるというメリットもあります。

作り方としては、

①具材をほどよい大きさに角切りに切っていきます。おすすめはトマト、ブロッコリー、ベーコン、かぼちゃ、マッシュルーム等が挙げられます。
トマトは飲む日焼け止め(食べる日焼け止め)とも言われるとか

②フライパンにバターを引き、ベーコンやマッシュルームなど具材をよく炒めていきます。火が通りにくいかぼちゃは事前に軽く茹でておくのも良いでしょう。

③全体的に程よく炒めてきたら小麦粉を混ぜて再び炒めます。小麦粉は大さじ3杯程度です。

④小麦粉が十分に馴染んできたら豆乳クリームを加えてさらに混ぜていきましょう。
目安としてはとろみが出てきて、グツグツしてくるぐらいがベストのタイミングです。

⑤そして、炒めた具材を耐熱性のあるお皿に入れてオーブンで焼いていきます。
その際、トッピングとしてパン粉やチーズを軽くのせると表面がこんがりと焼けて、見た目も美しく仕上がりも綺麗に!

オーブンの目安は、設定が250℃のときは10分前後ですが、焼き色を見ながら数分程度調整すると良いでしょう。

このようにカルボナーラやグラタンなどのカロリーが高い料理に対して、豆乳クリームを代用することで大幅なカロリーカットになります。

余計な調味料を使わずに味を調整できるというのもメリットですね。パスタの場合は豆乳クリーム以外にお好みでパルメザンチーズやブラックペーパーを軽く振る程度で十分に味が浸透して、美味しく召し上がることができます。





  • コメント: 0

関連記事

  1. 豆乳クリーム

    豆乳クリームって何?

  2. 豆乳

    豆乳クリーム

  3. 豆乳クリームを泡立て

    豆乳クリームの作り方

  4. 豆乳クリームで豆腐作り

    豆乳クリームを使った豆腐が人気!

  5. 豆乳と生理

    豆乳クリームを摂取しすぎると生理がこない?

  6. 豆乳クリームと生クリーム

    豆乳クリームと生クリームの違い

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。