豆乳クリームを使った豆腐が人気!

豆乳クリームで豆腐作り

ナチュラルとうふ豆乳クリームは色々な調理が行われ食品として販売されていますが、そのうちの一つとして豆腐があげられます。 中でも「ナチュラルとうふ」は高い支持を集めています。 もともと豆腐には大豆が含まれていますが、豆乳クリームを含有することで今までの豆腐よりもチーズに近い食感と柔らかさを感じ取ることができます。 単純に豆腐として食すのも良いですが、サラダにトッピングしたり、パスタにちぎって混ぜるなどそのバリエーションは豊富で、幅広い使い方が評価を高めています。 理由は豆腐のようなさっぱりとした食感を残しつつ、とろみとクリーミーさがプラスされているからでしょうか。 テレビでも取り扱れたことのあるぐらい注目を集めている食材です。ナチュラルとうふはプレーンとチョコレート味を販売するなど高い売り上げを誇っています。

まとめ買いする人が続出の豆乳クリーム大福とは

豆乳大福パン豆乳クリームを使用した和スイーツも人気を集めています。 その一つとして豆乳クリームと北海道産のあんことがマッチングした「豆乳大福パン
もちもちとした大福の食感が特徴的で人気を集めています。 人気の秘密は、餅の中に豆乳クリームとあんこを混ぜ合わせることによる口当たりの良さと、食べた後に胃もたれしない軽さです。生クリームよりもさっぱりとしたホイップクリームになっているので、食べた後の甘すぎる感覚を押さえ、さっぱりとした食感になっています。 何より、モチモチのパン生地と豆乳クリームの相性が抜群の大福です。1個150円ですが、まとめて10個以上買ったりする人もいるほど人気の和菓子となっています。

 

 

豆乳クリームは食品だけでなくこんなものにも人気!

豆乳くりぃむ何かの食材に混ぜ合わるだけではなく、豆乳クリーム自体を化粧品として販売することで、人気を集めているものがあります。それは豆腐の盛田屋の「豆腐くりぃむ」です。 こちらは食品ではなく、化粧クリームとして使われ、その保湿性の高さが人気を集めています。 使った後のベタつきがほとんどないということから、使いやすくてリピーターも多い商品です。 夜、就寝前に顔や手足に塗っておくことで次の日の肌の状態が良いという声が多く聞かれます。 化粧品独特の成分や酸化防腐剤などが含まれておらず、豆乳のほのかな香りが自然な感触を生み出し、落ち着くという声も聞かれます。 実際にこの製品を作っている製造現場のおばちゃんたちの手が潤ったという聞かれるほど! 手荒れやひび割れ、かさつきにはとても適した化粧クリームとなっています。 透明感のある白い素肌に近づきたいあなたには、次世代型の透肌コスメ「ルミキシル」がおすすめです。

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 豆乳クリームと生クリーム

    豆乳クリームと生クリームの違い

  2. 豆乳クリームを泡立て

    豆乳クリームの作り方

  3. 豆乳

    豆乳クリームを使ったレシピ紹介

  4. 豆乳

    豆乳クリーム

  5. 豆乳と生理

    豆乳クリームを摂取しすぎると生理がこない?

  6. 豆乳クリーム

    豆乳クリームって何?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。