内臓脂肪に効くサプリ

ユウキ製薬 カルニチン オルニチン リポ酸 / 2,107円

ユウキ製薬 カルニチン オルニチン リポ酸

画像:amazonより

基礎代謝を上げる効果のあるオルニチン、脂肪を効率よく運ぶのを助けるカルニチン、疲労回復効果のあるリポ酸を合わせた燃焼系のサプリメントです。1日の始めに飲んでおくことでその日1日の脂肪消費量をUPさせ、同じ運動量でも効率よく痩せることができます。製造元のユウキ製薬は自然由来の成分をつかったサプリメントを作っている国内メーカー。

 

 

 

東洋新薬 メディスリム / 2,330円

東洋新薬 メディスリム

画像:amazonより

有効成分として葛の花イソフラボンを配合した燃焼系サプリメント。葛の花は古来から日本で親しまれてきた花の1つですが、最近の研究では葛の花に含まれるイソフラボンが大豆イソフラボン以上に脂肪燃焼に高い効果を発揮することが明らかになってきました。イソフラボンはポリフエノールの一種で高い抗酸化力があることも特徴です。抗酸化作用のあるポリフエノールは身体全体の機能を改善するだけでなく、肌のコンディションをUPさせる美容効果もあります。

 

 

グリコ パワープロダクション / 3,282円

グリコ パワープロダクション

画像:amazonより

脂肪燃焼を高める主成分としてカフェインを配合しています。カフェインの効能は以前から注目されていましたが、最近では野球選手のダルビッシュ選手がトレーニング前にカフェインをとって燃焼率をあげていると発言したことがきっかけでさらに注目度があがりました。カフェインは脂肪燃焼の指令を出すPGC1αという遺伝子を増やす作用があり、それによって脂肪燃焼を効果的に行うことができるとされています。

 

 

DHC カルニチン 60日分 / 1,956円

DHC カルニチン

画像:amazonより

リーズナブルさではトップの燃焼系サプリメントがこちら。300粒でこの値段なので、時間をかけてじっくりダイエットしたい人にもぴったりです。カルニチンは、脂肪の運び役。体内の脂肪を燃焼するのはミトコンドリアですが、そのミトコンドリアに脂肪を運ぶ役割を担っているのがカルニチンです。普段の食習慣を変えることが難しいという人でも、カルニチンをプラスすることによって脂肪の燃焼率をアップさせることができます。

 

 

太陽堂製薬 ラクトフェリン / 2,380円

太陽堂製薬 ラクトフェリン

画像:amazonより

ラクトフェリンは母乳に最も多く含まれる成分で、強力な抗ウイルス / 抗菌効果があるだけでなく、高い脂肪燃焼効果があることが分かっています。臨床実験ではラクトフェリンを2カ月摂取し続けた場合、内臓脂肪が40パーセント減少した例が報告されています。(参考リンク:LIONラクトフェリン研究室)

 

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 内臓脂肪とは?

  2. 内臓脂肪予防のために日常生活で気をつけるポイント

  3. 内臓脂肪と皮下脂肪のちがい

  4. 内臓脂肪を「運動」、「食べ物」、「飲み物」で落とす

  5. 内臓脂肪によって引きおこされる病気

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。