簡単にできる手作り発酵食品

米麹

発酵食品というと、自宅で手作りするのが難しいというイメージがどうしても定着していますよね。 例えば、ヨーグルトを作るにはヨーグルトメーカーが必要に感じたり、韓国ではキムチを作るために様々なグッズが発売されています。 しかし、このようなアイテムを使用しなくても、実は簡単にご自宅で発酵食品を手作りできるとしたら、ちょっと試してみたいとは思いませんか。
では、簡単に誰でも自宅で作れる発酵食品について今日はご紹介したいと思います。

飲む点滴!?玄米甘酒

米麹

玄米甘酒の簡単な作り方 寒くなると甘酒が飲みたくなりますよね。 初詣に行くと屋台で販売していたりして、外で飲むと格別に感じる甘酒ですが、実は自宅で簡単に手作り可能な「玄米甘酒」が今人気を集めています。 玄米甘酒とは、精米された白米ではなく玄米をを用いて作る甘酒なのですが、原料は「玄米」「米麹」「水」この3つだけでOKです。 お砂糖を入れなくてもかなり甘味を感じることができ、栄養価が非常に高いので、美容効果も高い特徴があります。 玄米甘酒は炊飯器で気軽に作れますが、玄米がない場合は白米でもOKです。 ただし、玄米を使用したほうが栄養価が高く、さらにお腹にたまるような感覚を実感できますので、ダイエットにも最適です。 粒感を苦手に感じる方は、ブレンダーなどで混ぜると舌触りが良くなります。

日本人が大好きな味噌の手作り方法

手作り味噌

味噌をスーパーで購入しているという方はたくさんいますが、かなり簡単に手作りできるのが「味噌」です。 味噌は、「大豆」「麹」「塩」という3つの原料で作ることが可能で、風味豊かな味噌を実感できるのが手作り味噌の大きな特徴です。
味噌が完成するまでには発酵期間も合わせて数ヶ月必要ですが、一度作るとその味にリピートする方が続出すると言うほど、味噌作りは大きなメリットが沢山あります。

まとめ

最近では発酵食品を手作りするキットが販売されており、誰でも自宅で簡単に手作りできますが、キットがなくても味噌や玄米甘酒はいつでも原料さえ用意できれば完成します。 もちろん、初めて発酵食品を作る際には失敗してしまう経験もあると思いますが、一度失敗したからと諦めずに何度もチャレンジしてみてください。
すると、徐々にコツをつかめるようになるので、満足いく仕上がりの発酵食品と出会うことができるようになります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. コンブチャにフレーバーを付ける方法は?

  2. 発酵食品のチーズ

    発酵食品の種類、菌の種類と特徴(食品偏)

  3. 手作りコンブチャに使う砂糖の種類は?

  4. 手作りコンブチャ完成のタイミングは?

  5. Kombucha

    紅茶キノコとは?コンブチャの効果効能

  6. 発酵食品の糠漬け

    発酵食品の効果

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。