ホホバオイルとは?

手当て

冬になると、様々な種類のオイルが人気を集めますが、その中でも常に上位に君臨するホホバオイル。
ホホバオイルには、一体どんな魅力があるというのでしょうか。

成分や、活用法について詳しくご紹介していきますね。

ホホバオイルってそもそも何?

「ホホバ」の木に成る種子によって抽出されており、ホホバの木は、メキシコ北部などが原産地となっています。

種子から圧搾して抽出された一番搾りを、ピュアホホバオイルとして商品化します。

手当てホホバオイルは、現地の住民にとっては、やけどを治すなどの万能オイルとして使われてきました。

体全身に使えて、成分が人間の皮脂に近い「ワックスエステル」である事から、赤ちゃんや敏感肌の方にも問題なく使用できるというのが最大の特徴です。








成分とは

主な成分は、先ほど話したように「ワックスエステル」という高級脂肪酸と高級アルコールがエステル化したものとなっています。

人間の皮脂を構成している成分の1つに、ワックスエステルが含まれているのですが、ホホバオイルに含まれているワックスエステルと同じである事から、皮脂の代わりをしてくれることがわかっています。

医者医療業界では、このワックスエステルに着目して、人工心臓の潤滑油としてホホバオイルを使用するなど幅広く活用されています。

90%もの成分がワックスエステルだと言われているホホバオイルですが、その他にもビタミンE、ビタミンA、カロチノイド、オレイン酸なども含まれていて、私たち人体には有効な成分が豊富です。

活用法

オイル
美容業界でとても幅広く活用しています。
高級エステなどでは、ホホバオイルを用いたマッサージを行っており、皮膚にすばやく浸透することから、マッサージ後はべたつくことなく肌に浸透していて保湿効果を高めてくれると言います。

他にも、いつものスキンケアのお手入れにプラスするだけで、高い保湿力を発揮するので、冬場の乾燥しやすい時期にはとても活躍してくれるでしょう。さらに、ルミキシルなどの最新美白成分を使うとその相乗効果を発揮すると思います。
参考:http://ルミキシル.net/

※ホホバオイル配合ヘアオイルなども発売されてます。

特徴として、水分を蓄えて蒸発を防ぐ役割もあるので、ローションパックの前に使用すると、より効果的です。

また、ヘアケアとしても人気です。
洗い流さないトリートメントとして活用しても髪の毛に艶が蘇りますし、頭皮の状態も良好に保ってくれることから、育毛効果も発揮すると言われています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. アルガンオイル

    アルガンオイル

  2. 紫外線

    紫外線の恐ろしさ

  3. 動悸

    飲む日焼け止めに副作用は?

  4. アルガンオイル

    アルガンオイルに副作用はないか?人気アイテム紹介

  5. 危険

    ホホバオイルの副作用について

  6. アボガドオイル

    アボカドオイルとは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。