グレープシードオイル

グレープシード

日本ではあまり慣れ親しんでいませんが、海外では意外とポピュラーなのがこのグレープシードオイルです。

グレープシードオイルって一体何?
オリーブオイルとどう違うの?
活用法は?

このような疑問点を今日はまとめてわかりやすくご紹介していきます。

グレープシードオイルとは

グレープシード

グレープシードオイルは、ぶどうの種から抽出される油です。
1つのぶどうの種からは、ごくわずかな量のオイルしか取れないため、大量のぶどうの種が必要になるのですが、この時に活用されているのがワインなどに使われているぶどうの種です。

大きな特徴は、非常に癖がないという点と、さらっとしたオイルなので使い勝手がとても良いという点です。

グレープシードオイルはコレステロールが0で、リノール酸やオレイン酸が主な主成分になっています。
そして、ビタミンEがとても豊富に含まれているのも、グレープシードオイルの大きな特徴の一つです。

グレープシードオイルとオリーブオイルの違い

2つのオイルの大きな違いは、性質になります。

グレープシードオイル

グレープシードオイルは、さきほどご紹介したようにサラサラとしていて非常に癖がないのですが、オリーブオイルはねっとりとしたオイルで臭いなど特有の癖があります。

2つのオイルの主成分は同じく、リノール酸やオレイン酸になりますので、効果・効能にはさほど大きな開きはありません。
どちらも期待できるのは、

・抗酸化作用
・生活習慣病の予防

主にこのような効果で、ビタミンEの含有量に関しては、グレープシードオイルの方が上回ります。

小売店での価格を比較してみると、グレープシードオイルは、オリーブオイルよりも若干高価で、種類もとても少ないことが判明しました。








グレープシードオイルの活用法

牡蠣

グレープシードオイルは様々な料理に活用できますが、個人的に特にオススメしたいのはオイル漬け料理です。

例えば、これからの時期は牡蠣が旬になりますよね。

牡蠣は、オイル漬けをつくると保存もできますし、お酒のおつまみにもぴったりです。
大量に作り、冷蔵庫で保存している方も多いのですが、この時にグレープシードオイルを活用すると、冷蔵庫に入れても油が固まることなく、料理を美味しくいただけます。

他にも、製菓用に利用したり、かなり幅広く活用できる万能オイルになりますので、あなたも是非この機会に取り入れてみてくださいね。

保存方法

常温でも保存可能です。開封前後ともに直射日光を避けて、湿気や熱のこもらない暗所に保管しましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ピーリングV10エッセンス

  2. 目元美容液ランキング

  3. シードカクテルオイルプラス

    ホホバオイルが含まれる人気化粧品の紹介

  4. コレステロール

    アルガンオイルの健康効果について

  5. 動悸

    飲む日焼け止めに副作用は?

  6. 目元が与える印象マイナス5歳の目元ケアとは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。