飲む日焼け止めの最も効果的な飲み方

飲む

内側からの紫外線対策

日焼け止めといえば、クリームタイプやジェルタイプなど皮膚に塗るのが一般的ですよね。
ところが今、お手軽、効き目があるということで「飲む日焼け止め」が注目されていることを知っていましたか!?
飲む日焼け止めを効果的に使用して、色白美肌を守りましょう!

肌の老化は紫外線が影響するということが知られて久しくなります。

しかし、肌に塗るタイプの日焼け止めは、汗をかくたびに塗りなおさないと流れてとれてしまいますし、プールや海など本当に必要な時もすぐ水で流されてしまい長時間の効果が期待できません。
なので、身体の内側からも日焼け止め対策をすることが重要になってくるのです。

【飲む時間が大事】

時計飲む日焼け止めは、商品によって飲む時間が違います。
「朝飲みタイプ」もあれば「お出かけ前タイプ」もあり、持続時間もそれぞれ違うので、使用方法をしっかりチェックしましょう!

お出かけ前タイプは、基本的に外出する30分前から1時間前に飲むことが推奨されている場合がほとんどです。
なので、本当におでかけ直前に飲んでしまうと効果が出る前に紫外線を浴びてしまい意味がなかったり、早く飲みすぎて効果が薄れてしまうという場合もあるので注意が必要です。

塗る日焼け止めも併用する

飲む日焼け止めを飲んだからといって、塗る日焼け止めは塗らなくても絶対大丈夫いうわけではありません。
両方使うことによって、紫外線対策が強化されます。
もし皮膚が弱くてどうしても塗る日焼け止めが塗れない、という方は飲むタイプだけでもいいですが、基本的には塗る日焼け止めも使うようにしましょう。

摂取量を守りましょう

541773飲む日焼け止めはサプリメントですが、だからといって沢山飲んでしまうと副作用を引き起こす原因になりかねません。
それに、過剰摂取したからといって効果が高まるわけではないということも覚えておきましょう。
摂取量は規定の量を守ってくださいね。

紫外線の強い時期は毎日飲む

サプリメントは、毎日続けて飲むことでその威力を発揮します。
なので、紫外線の強い季節は毎日習慣的に飲むようにしましょう。

日焼け後にも飲もう

基本的には日焼け前に飲むものですが、予想外の日焼けをしてしまった場合や、やむを得ず日に当たってしまった場合は、応急処置として帰宅後にサプリメントを飲みましょう。

飲む日焼け止めで美肌対策を

従来の降り注ぐ紫外線からお肌を守るための塗るタイプだけでなく、傷ついた細胞を内側から治す「飲む日焼け止め」は、今や海外セレブの間でも当たり前の日焼け止め対策となっています。

成分的にいえば、ニュートロックスサンでしょうか。

塗るタイプと飲むタイプのダブル使いで、美白を保って、紫外線からお肌を守りましょう!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 比較

    飲む日焼け止め比較

  2. アボガドオイル

    アボカドオイルとは?

  3. 動悸

    飲む日焼け止めに副作用は?

  4. モロッコ

    アルガンツリーとは?

  5. 白湯にプラスするだけで効果を高めるあの食材とは

  6. 日焼け止め

    赤ちゃんにも安心!ホホバオイルとココナッツオイルで手作り日焼け止め

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。