飲む日焼け止めに副作用は?

動悸

【現在人気の日焼け止め】

直接塗らなくてもよいため現在では飲む日焼け止めが人気を集めています。
かなり効果的な反面、副作用は心配なところですよね。
飲む日焼け止めの副作用についてご紹介していきます。

【飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの違い】

錠剤まず、飲む日焼け止めは塗る日焼け止めと比べて、どのように違うのかを見ていきましょう。
通常塗る日焼け止めというのは、日光のなかの紫外線を反射することで、紫外線が組織に害を与えないようガードしているものです。
このため、元から紫外線があたらないので、肌は日焼けを防げるというわけです。

一方で、飲む日焼け止めというのは、決して錠剤をのむと肌の表面にバリアが出来て紫外線を跳ね返してくれるようなものではありません。
紫外線が当たるのを防ぐことは基本的には出来ないのです。
しかし、紫外線が当たった後の状態に対し、かなりの効果を発揮します。

【飲む日焼け止めの効果とは】

通常紫外線が当たった後、肌の下にあるコラーゲンを初めとする組織が損傷をうけ、メラノサイトと呼ばれる褐色の色素を作り上げます。これが俗に言う日焼けです。
もちろん個人差はありますが、これからしばらく日に当たらないようにしていると、肌はだんだんと生まれかわり、再びもとの肌の状態に戻っていきます。

しかし、一度黒くなった肌の中で色素が沈着してしまうことがあり、前と同様に白くならないということがあるのです。
また、皮膚の下の組織が損傷していますから、当然炎症もおきます。
このため、より黒ずんだり、変形したりといった現象が起きるほか、損傷が広範囲であると縮んでしわしわに老化してしまうことがわかっています。

実は近年、この修復の過程を適切にサポートしてやるだけで、より早く白い肌をとりもどし、また組織を正常な状態に近づけるため、修復後も日焼けしにくい肌となることがわかってきました。
その効果をもつ錠剤こそが飲む日焼け止めです。
飲む日焼け止めは、新陳代謝を活性化して肌の生まれ変わりを促進し、きれいな白い状態へと近づけます。
また、コラーゲンを初めとする組織を正常な状態へ近づけることにより、紫外線による老化も防ぐことで健康な肌をつくるのです。

【効果から考えられる副作用は?】

肌トラブルどのようなものにも必ず副作用があるものです。
飲む日焼け止めに関する副作用とは、こうした新陳代謝が亢進することにあると考えられます。
通常、新陳代謝が亢進して起こる副作用といえばまっさきに皮膚トラブルがあげられるでしょう。
より生まれ変わりが激しくなると、もしかしたら人によっては亢進しすぎて肌にできものが出来てしまうかもしれません。

また、代謝全体を亢進する場合、動悸や息切れといった症状が現れる可能性も否定はできないでしょう。
まったく副作用のないものは存在しません。
あくまで副作用の情報が少ないのでなんともいえませんが、効果から論理的に考えられる副作用は念頭に置いた上で、慎重に使うことを心がけていきましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. シードカクテルオイルプラス

    ホホバオイルが含まれる人気化粧品の紹介

  2. アボガドオイルのデメリット

    アボカドオイルのデメリットについて

  3. 炭酸水

    炭酸水

  4. 危険

    ホホバオイルの副作用について

  5. ホホバの木

    ホホバオイルが抽出される木について

  6. アルガンオイル

    アルガンオイルに副作用はないか?人気アイテム紹介

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。