椿油

椿オイル

女性の多くはご存知の「椿油」

椿油というと、髪の毛のトリートメントとして活用するのが有名ですよね。
髪の毛をしっとりさせて落ち着かせる効果や、傷んだ髪の毛の補修にも効果があると女性のあいだでは幅広く活躍していると思います。

そこで今日は、椿油とは一体なんなのか。
そして、椿油の効果・効能から使い方のわかりやすい説明をご紹介していきます。

椿油とは

ヤブツバキ

椿油は、「ヤブツバキ」と言われているツバキ科ツバキ属の植物の種から抽出されている油です。

椿油にはかなり長い歴史があるのですが、太平洋戦争ではゼロ戦の燃料として活用されていたという歴史があり、多様な用途に古来から注目が集まっていました。

主な用途は、化粧品や食用油となっており、他にも薬品への活用や工業用としても使用されています。

日本では、静岡県の伊豆や新潟の佐渡島などのヤブツバキを使用しており、中国では湖南省などを原産地としています。

椿油の効果・効能

椿油

椿油の一番大きな特徴は、「オレイン酸」が豊富に含まれているといった点です。
オレイン酸を含んでいる油は多く存在しますが、椿油のオレイン酸含有率は85%以上と言われており、とても高いのが特徴的です。

オレイン酸は酸化しにくい性質をもち、抗酸化作用が期待できます。

抗酸化作用が期待できるということは、健康や美容と様々な方面で効果が期待できるということで、アンチエイジングを考えている女性にも効果的です。

また、肌を柔らかくして保湿効果を高める効果もありますので、肌のバリア機能が低下している状態の肌にも椿油は効果的です。
肌再生とも言われているターンオーバーの活性化にもなりますし、紫外線から保護する役目も果たします。

椿油の使用法

椿油には化粧用と食用があり、それぞれ使い方が異なります。

椿油化粧用の使い方

化粧用の椿油は、皮膚・毛髪どちらにも使用が可能で、毎日の保湿ケアとして入浴後の生活な肌状態に少量を手に取り両手でなじませると皮膚に素早く吸収して肌内部から保湿効果を高めます。

毛髪に使用する場合は、乾いた状態よりも、入浴後のタオルドライした状態で少量を毛先を中心になじませて、アウトバストリートメントとして活用するのがオススメですね。

朝のスタイリングに活用したい場合は、お手持ちのワックスなどに少量を混ぜながらご使用ください。

椿油食用の使い方

天ぷら

食用として椿油を使用する際は、揚げ物用として使用するのが一番おすすめです。

特にフライよりも天ぷらなどに活用すると、上品なお店で味わえるような天ぷらがご家庭でも気軽に作れるのでとてもオススメです。

また、ドレッシング作りにも椿油は最適ですね。

椿油の保存方法

常温で保存できます。開封前後とも直射日光を避けて、湿気や熱のこもらない暗所に保管しましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. アボカド

    アボカドエキスを抽出してつくったアボカドオイルの効果とは

  2. チアシード

    チアシード

  3. オリバーアボカドオイル

    アボカドオイル配合の人気食品の紹介

  4. モロッコ

    アルガンツリーとは?

  5. 手作りコンブチャにガラス容器以外は使えない?

  6. アボガドオイル健康効果

    アボカドオイルの健康効果について

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。