目元を老化させるNGな行動

目元の老化は複数の原因によって起こります。

長時間紫外線にさらす

紫外線ケアで見落としがちなのが目元。肌に塗るタイプの紫外線カットクリーム / ジェルなどは、基本的に目の周りなど肌の敏感な部分に使用することが推奨されていません。
無防備な肌に紫外線が照射されることで、肌表面にはフリーラジカルとよばれる活性酸素が発生することから、これが原因でコラーゲンやエラスチンといった肌の弾力をになうタンパク質が失われ、〝光老化〟の原因となります。
また、紫外線に対するメラニン生成の指令は目から入る紫外線量によって決まるともいわれ、眼球、目元に対する紫外線対策はアンチエイジングの鍵といえるでしょう。

乾燥を放置する

健康な肌表面は、十分にバリア機能が整っていることで肌内部の水分を保有することができますが、乾燥を放置すると肌表面のバリア機能が失われ、肌内部の水分の放出を防ぐことができなくなります。
これによって目元にシワが発生しやすくなります。

肌に合わないアイメイクを使用する

高価なコスメ、評価の高いコスメでも自分の肌に合わないものを使用し続けると肌に炎症を起こして肌のバリア機能を損なうため、シワなどの老化を引き起こす原因となります。
特にアイメイクの場合は頬などほかの顔の部分と違って肌そのものが薄く敏感な部分であるため、アイコスメを使用するときには〝本当に自分の肌に合っているか〟を慎重に確かめる必要があります。

目に合わないコンタクトや眼鏡を使用する

目に合わないコンタクトや、眼鏡の使用をつづけると、眼精疲労、つまり〝疲れ目〟の原因になります。
疲れ目がもっともわかりやすいのが目の下のクマ。クマを長く放置すると目元のボリューム感を取り戻すのが困難になるだけでなく、色素沈着の原因にもなります。

睡眠不足

人の体 / 細胞は十分に睡眠時間をとることで再生することができます。
とくに日中に浴びた紫外線や、食物から体内で発生した有害なフリーラジカルは睡眠を十分にとることで無毒化(抗酸化)されるとされるため、睡眠不足が続くと細胞の酸化ストレスを解消することができず、〝老化〟の直接原因となります。

 

 

目元の老化を防ぐには?

目元の老化を防ぐには

①有害な作用のある物を使用しない
②ケアでダメージを早く修復する
③不足している要素を補充する

という方法が有効だと考えられます。
日常生活で全ての肌ダメージを防ぐということは難しいですが、目のケアに特化したアンチエイジング商品を活用するのは手軽で効果的でしょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 幹細胞培養液とは?

  2. アサイードリンク

    アサイー

  3. パンプキンシードオイル

    パンプキンシードオイル

  4. アルガンオイル

    アルガンオイルに副作用はないか?人気アイテム紹介

  5. ★

    アボカドオイルで美容効果を得る方法

  6. ルクマパウダーのレシピ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。