キャンドルブッシュを服用しない方が良い人

キャンドルブッシュを控える方が良い人

結論は「控えるべき!」

キャンドルブッシュは控えるべきダイエットサプリとして今注目を浴びているキャンドルブッシュのサプリメントですが、妊娠中や授乳中、病中病後、そして小さな子供の服用は大丈夫なのでしょうか?

結論からすると、妊娠中や授乳中、病中病後、お子さんは控えるべきです。

キャンドルブッシュには「センノシド」という成分が入っています。
この成分が妊婦さんや授乳中の女性や病中病後の方に問題なのです。

センノシドとその効果

センノシドは代表的な大腸刺激性下剤なのです。
アントラキノン系誘導体タイプなのですが、長期的に服用すると効き目が薄れていき、腸の働きが弱くなって逆に便秘を悪化させてしまいます。
さらに、センノシドには妊娠を維持したり体温を維持する機能をもつ女性ホルモン「プロゲステロン」の働きを低下させてしまう作用があります。
流産や早産を引き起こす原因となりますので妊娠中の方は服用は原則禁忌とされています。

アントラキノンとその効果・作用

腹痛を起こす女性アントラキノンは妊娠中に服用すると子宮収縮を引き起こす可能性があり、早産や流産の原因となってしまうのです。
さらに、服用したアントラキノンは母乳にも含まれてしまうため、乳児が下痢を引き起こすこともあります。
乳幼児の下痢は危険ですので、授乳中の方も服用は控えるべきとされているのです。

病中病後は?

急性腹症(虫垂炎・腹膜炎など)のある人は使用ができません。かえって症状が悪化する可能性があります。
痙攣性便秘・重度の硬結便(硬く固まった便)・電解質失調(低カリウム血症)の方もさらに悪化する恐れがあるので服用をやめましょう。
また、腹部手術後の方も服用は避けてください。

子供も避けるべき

これだけ強い下剤効果があるので、まだ体ができあがっていない子供に服用させるのはかなり危険です。
飲むのは大人だけにしましょう。

キャンドルブッシュは元気な時だけ!

サプリメントの会社によっては、授乳中や妊娠中の服用も大丈夫と謳っているところもあるようです。
しかし、その大丈夫という理由や根拠もイマイチはっきりしないので、万が一のことを考えて避けるべきと思われます。
しかし、某サプリメントの会社のように、大丈夫と言い切ってしまうところもありますのでなんとも言えませんが、そもそもセンノシドが妊娠中は原則禁忌とされていますし、授乳中、子供や病中病後の服用も使用しないほうがいいとされているようです。
ぜひ参考にしていただければ幸いです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. バター

    今やバターは”健康食品”!その7つの理由

  2. 市販品ランキング

    キャンドルブッシュの市販品ランキング

  3. アサイードリンク

    アサイー

  4. ブロッコリースーパースプラウト

    ブロッコリースーパースプラウト

  5. ごま油

    胡麻油

  6. キャンドルブッシュに含まれる副作用と危険性

    キャンドルブッシュの副作用と危険性

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。