副作用は平気?ゴジベリーを食べても大丈夫な人とは

ゴジベリーは杏仁豆腐やゼリーに数粒添えられる赤い果実ですが、大量に食べても大丈夫なのか気になりますよね。
大量に使う料理をめったに見かけないということは、ゴジベリーを大量に食べると副作用があるのでしょうか。
老若男女別にゴジベリーを食べる適量はどれくらいが良いのか、詳しく知りましょう。

ゴジベリーを男女別に食べても大丈夫な人

漢方薬としても重宝されるゴジベリーは、男女別で考えると男性には特に副作用がないのですが、女性はある程度意識した方が良い食材です。
適量食べるだけでも、生理が早く来ることがあります。
また妊娠中絶しやすいベタインという物質も含まれているので、妊娠中の人は注意して食べましょう。
積極的に食べて良い人は、冷え性を改善したい人、妊活していない女性、血圧剤を飲んでない人、毎月の生理が安定している人などです。
よって男女別で考えると、女性より男性の方が向いている食べ物です。

極端に表現すると胃腸が強い人、未成年の男女、薬を常飲していない高齢者にもおすすめです。
しかし、ゴジベリーの冷え性改善の効能を考えると、すべての女性には食べる習慣に加えて欲しい果実です。

農薬が気になるなら国産の無農薬ゴジベリーを食べよう

ゴジベリーの産地は中国がほとんどで、農薬が使われている商品もあります。
軽く水洗いしたりふやかして食べる場合は、農薬の心配はしなくて大丈夫です。
しかし、茶葉は水洗いせずにそのままお湯に浸して飲むので、心配ですよね。

農薬が気になる人は、国産の有機栽培ゴジベリーを摂るのがおすすめです。
日本だと商品向けでゴジベリーを育てているところは少なく、丁寧に栽培されています。
よって、国産は有機栽培のものが多いです。

無農薬のゴジベリーもありますが、さらに気になる場合は自家栽培してゴジベリーを食べるのも良いでしょう。
自家栽培だと収穫してすぐに食べられるので、料理のレパートリーも増えますよ。

アレルギーがなければ誰でも食べられるゴジベリー

適量食べても、副作用に体調が左右されなければ、気軽に食べられるスーパーフードです。
大体1日10~20粒食べれば、さらに健康になれます。
それ以上だと、胃腸が強い人でも下痢になるかもしれません。

1日に1品、ゴジベリーをデザートやスープに添えるだけでちょうど良いので、長く食べ続けられる果実です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 手作りコンブチャスターターキット♡

  2. アサイードリンク

    アサイー

  3. Kombucha

    紅茶キノコとは?コンブチャの効果効能

  4. カムカム

    カムカム

  5. 初心者必見!手作りコンブチャの注意点

  6. モリンガ

    モリンガは地球を救う?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。